ファクタリング&ファクタリング

診療報酬債権をファクタリングして資金繰り

病院も経営である以上資金繰りの問題は回避できません。

病院では患者負担金よりも診療報酬債権に掛かる収入が主なもので確実に国より給付されることが間違いないですが、この診療報酬債権には入金までの期間については難点があります。それは最大で2か月以上債権が発生してから入金までにかかるということです。このタイムラグは病院にとっては痛いものになることもあります。

というのも一般的に病院の経営をする場合には、最低限度の設備投資が必要で器材によっては億単位のものがあり、それを即金で購入するケースはまれで、大抵はリース契約かローンを組んでものになります。そのような費用の毎月に支払いだけではなく、医院のスタッフの人件費、経営上必要な医療備品などのこのビジネスにはたいへんお金がかかります。そのために資金繰りには細心の注意が必要で、この診療報酬債権をファクタリングという形で換金化してお金を回るようにするべきです。

ファクタリングとは債権の売買です。債権を額面の金額以下で買い取ってもらうシステムですが、この診療報酬債権をファクタリングする場合は一般の債権と違っているのはそのディスカウント率が低いという点です。というのもこの債権は政府の保証がついたものといっても過言ではなく、換金まで時間を要するだけなので回収不能はありえないことであるため、一般の手形割引などの債権売買と違ってロスが少ない時間を短縮させて資金調達ができるのが魅力と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *