ファクタリング&ファクタリング

医療関係のファクタリング

医療関係のファクタリングは、資金調達の見込みが立ちやすいためにあっさりと認められる傾向にあると言えます。

無論、医療関係同士で競争が激しい地域では、患者の争奪戦に陥る可能性がないとは言い切れません。したがって、将来の患者数の見込みがある程度立つところでないと、ファクタリングに応じるところが少なかったりあるいは金額が少なくなってしまう可能性も十分にあり得ます。さらに問題点としてあげられるのは、地域性の問題です。

少子化と高齢化が進む日本ではついに人口減少に転じました。したがって、徐々にではあるでしょうが、医療機関を受診する患者数も減少傾向に陥る可能性が生じます。医療機関等へのファクタリングでは患者数の減少が一番の問題になり得るために、ある程度の見込みが立つかどうか、期間はどの程度になるのか貸し倒れの危険性が生じないかどうか、しっかりと見極められることになるのが今後見込まれます。

ただ、歯医者を除けばまだまだ患者数も一定数は見込めるところも多く、急にファクタリングが難しくなる恐れは少ないと考えるのが自然と言われています。したがって、当面の間は大丈夫だと言えるものです。医療機関ではある程度の投資が必要不可欠ですし、無床の診療所であればともかく有床となると、入院設備等に早々にお金がかかるのは自明です。検査機器の導入などでも相応に費用がかかりますから、ファクタリングは非常に使える制度だと考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *