ファクタリング&ファクタリング

医療ファクタリングのメリットとは

ファクタリングとは、会社が売掛の債権をファクタリング会社に売却することで、売掛債権の入金よりも早くに現金化し、資金繰りを改善することが可能な金融取引です。

病院やクリニックなどの医療法人では医療報酬の債権をファクタリングすることで、資金繰りを改善しているところが多くあります。特徴としては、会社が売掛債権などを売却したのち、その売掛債権などの債権に対する責任を負うことはなく、もしも仮に売掛債権者である取引先が倒産をするなどがあったとしても、会社は責任を負わなくて済むのです。ファクタリングのメリットは、医療報酬を早期に現金化することができるため、医療報酬の1か月分から4か月分の資金調達ができることとなります。

また、借り入れとは違うため、負債の項目に当てはまらず、他の資金調達のチャンスを広げることもでき、資金繰りに余裕が生まれてくるのです。このことは、長期借入金と同等の効果をもたらすことになります。手数料に関しては、法人の信用の度合いに応じて数パーセントから十数パーセントかかってくることが普通ですが、医療報酬が未払いとなるリスクがないために、そこまで大きな利率を課すことがなく、これもメリットの一つです。

そして通常の限度額は、報酬債権の2ヵ月分となります。これは、通常報酬債権の支払いは、請求から2か月後となるためです。もしも2か月分を超えるファクタリングを行う際には、手数料率が高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *