ファクタリング&ファクタリング

医療関係でファクタリングを利用すること

医療機関や調剤薬局などがより大きな事業を興すために、ファクタリングにより借り入れを行うことが増えてきました。

特に医療機関にあっては、患者数の増大とともに徐々に既存の施設の老朽化などで対応が困難になってきているところが少なくありません。また、地震や津波などの被害による患者等への影響が甚大であることから、医療機関そのものを移転させたりあるいは設備をより耐震性を高めるといった対応に迫られています。こうした中、今後も収入が見込める分を持って、ファクタリングによる借り入れを積極的に行うところも多くなっています。

ファクタリングでは、診療報酬や調剤報酬などで将来の収入が一定以上見込めるのであれば、利息収入も確実に得られます。さらにその利息収入も巨額になっていきます。医療機器なども考えれば、莫大になるでしょう。つまり、焦げ付きさえしなければ貸出先として、これほど魅力的なところはないということです。ただし、地方にあっては急速に少子化と高齢化が進んでいます。

そのリスクも考慮しながらという話になっていきますから、もし設備などのために資金が必要だというところは、早めに対応を行うことが求められます。高齢化では、患者数の一時的な増大は見込めるにしても、その後急速に患者が減少する恐れもあり得ます。返済が可能かどうかしっかりと考慮されるでしょう。また、返済期間が長くなればなるだけ、経営も厳しくなると見込まれる点も重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *