ファクタリング&ファクタリング

新規介護事業においてファクタリングサービスは重要

現在の日本は高齢社会です。

総人口に対して、高齢者の占める割合が多いという特徴があります。こうした状況から、今後においては様々な介護サービスが必要になります。そのため、以前は公的機関が中心となり、介護事業が行われてきましたが、近年においては多くの民間企業がサービスを提供できるようになりました。

なぜなら、今後も進行し続ける高齢社会を支えるには、公的機関のみのサービス提供では不十分であるからです。こうしたことを背景に、民間企業のみならず、個人が介護事業に参入するケースが増えています。しかしながら、個人が新規事業を開始する際に問題となるのが、報酬を得るまでの期間ということになります。企業や個人が運営する事業所は、報酬を得るために国保連合会に対して、請求を行わなくてはなりません。

請求から支払いまでの期間は、約二ヵ月を必要とします。すなわち、その約二ヵ月が無収入となってしまうのです。こうしたとき、重宝するのがファクタリングサービスです。これは、事業所が国保連合会に請求する介護報酬を、ファクタリング会社に譲渡することをいいます。これにより、ファクタリング会社から早期に現金を受取ることが可能になります。

収入がない期間においても、従業員には賃金を支払わなくてはなりません。ただし、手数料や現金受取りまでの期間などは、ファクタリング会社によって異なるため、多くの情報を収集することが重要になります。こうしたことから、ファクタリングサービスは新規介護事業者にとって心強い味方になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *