ファクタリング&ファクタリング

介護報酬のファクタリングサービスとは

今、従来に比べて介護業界では大きく流れが変わってきています。

その中の一つに介護報酬ファクタリングサービスがあります。通常では介護事業者は国民健康保険連合会(国保連)に対して介護保険給付費を請求することになります。その介護保険給付費を前払いする会社が仲介に入ります。このようにある流れが円滑にいくように計らう流れをファクタリングと言います。このようなファクタリングサービスを利用すると、給付費がおよそ40日も早く受け取ることができるのです。しかし契約上、給付費請求額の80%を上限と決められています。

また審査の内容によっては、上限が80%を満たないこともあります。残額に関しては本来、翌月に支払われることになる国保連の給付費請求額に上乗せされることになります。ただし、ファクタリングサービスを利用できる事業者の条件が決められています。まず、各都道府県で登録を受けている指定事業者の中で、法人として認定されていることが条件として必要になります。またリコーリースが営業する管轄内にて本社または事業所があることが前提となります。

今、ネットではこのサービスに関する公式サイトがホームページとして立ち上がっています。詳細は、その公式サイトから情報を収集されると良いでしょう。またファクタリングに関する資料の請求もできることや、電話でのお問い合わせで担当者に相談することをおすすめします。このような取り組みには、審査がありますので状況によっては、契約できない場合がありますのでご了承ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *