ファクタリング&ファクタリング

介護事業者の費用の助けになるファクタリングサービス

日本は現在超高齢化社会と呼ばれており、人口に対して占める高齢者の割合が非常に高くなってきています。

そのため、その高齢者をケアする介護において、非常に深刻な状態になっている現実があります。寿命の高齢化により、既に高齢者になった人が介護を行うなど、老々介護が社会的な問題になってきており、そのため民間の介護事業者もその数を増やしてきています。

こうした事業者は、国民健康保険団体連合会から給付金を支給され、それを事業の予算として活用することができますが、この給付には通常申請から2ヶ月程の時間が必要になるという問題があります。その間事業者は施設の運営費や設備の維持費、また勤務するスタッフの人件費を賄うための資金が必要になり、事業所によっては大きなコスト的負担となってしまいます。

ファクタリング会社は、こうした給付金をいわば前払いして給付してもらえるサービスで、借り入れとは違い、保有債権を有効に活用できるのが大きなメリットです。ファクタリングサービスを利用すれば、給付金支給の期間を一ヶ月半程早めることができるので、運営資金だけでなく借入金の圧縮にも大きく貢献させることが出来ます。

こうしたファクタリングサービスは、資金が潤沢ではない小規模の事業所に最適で、人件費などの不安を解消することにより、よりサービス面での充実を図ることが出来ます。施設を運営する上で資金面に不安が生じている場合には、まずファクタリング会社に相談してみることがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *