ファクタリング&ファクタリング

不動産担保以外の担保融資

担保融資は、移動が不可能な建築用地や建築物などの不動産が一般的な融資であり、背景には債務不履行時の債務回収が書類処理で完了する事や資産価値が高い事から高額の融資額が可能です。

しかし、不動産以外にも担保の対象となるものが数多くあり、担保の種類によっては一般的な金融機関を利用する事無く低金利で借り入れを行う事が出来ます。定期預金は、一定期間預金する事で普通預金よりも高い利息が期待出来る一方で満期まで預金を引き出す事が出来ない預金ですが、定期預金担保貸付制度が利用する事が出来る預金です。定期預金担保貸付制度は、定期を解約する事無く定期預金残高の90%までの融資が可能であり、定期預金を引き出している形の融資なので信用情報に記載される事が無く追加融資の妨げとなる事がないメリットもあります。

またえ、定期預金の満期までに返済が出来なかった場合にも金融トラブルとして信用情報に記載される事が無く、定期預金で相殺されるので返済の必要がない融資とも言えますが、満期までに返済が出来ない場合には定期預金の高い利息を無駄にしてしまう融資です。年金は、一般的に担保として要求する事を法律で禁止していますが、独立行政法人福祉医療機構の年金担保貸付事業と労災年金担保貸付事業を利用する場合には年金の受給者への融資が法律で許可されています。

年金の担保融資は、10万円~200万円の範囲で1万円単位で申請する事が可能ですが、融資の申請から融資の実行まで約4週間とかなりの日数がかかるデメリットがある融資です。この融資は、一般的な金融機関の細分化されている金融ローンに比べて冠婚葬祭から生活必需品の購入まで幅広い用途への利用が可能であり、一般的な金融機関のフリーローンに近い性質の担保融資とも言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *