ファクタリング&ファクタリング

売掛債権の担保融資のメリット

担保融資は、住宅やマンションを購入する際に多くの人が利用する一般的な融資であり、多くの人が購入する住宅やマンションを不動産担保として金融機関に提供しています。

不動産担保は、返済が不可能となった場合にも完済が可能となるだけの資産価値を持つ不動産を担保としており、金融機関も何時でも債務を回収する事が出来る事から連帯債務者や保証人を必要としない事が多く低金利かつ長期間の融資を行っています。不動産は、バブル経済の崩壊時の様に資産価値を暴落するリスクがある事から長期間返済や高額融資に対しては定期的な不動産の資産価値の再査定が行われるケースがあり、資産価値によっては追加に担保要求や増額融資が行われる事がある融資です。

担保融資は、不動産以外にも自動車や年金なども可能であり、証券や売掛債権などの担保による融資も行われています。売掛債権担保融資は、取引先に請求した未回収の受取手形や売掛金を担保にする融資であり、融資を受けている事が取引先に知られる事無く融資が受けられるメリットがある融資です。

この融資は、取引している銀行で申請を行うのが一般的ですが、未回収の受取手形や売掛金は間違いなく回収出来る保証がない事から信用保証協会の審査をパスしただけでは融資実行が行われない審査の厳しい融資です。その為、一般的な金融機関では通常よりも高い金利を適用しており、一般的な金融機関よりも審査基準が低いノンバンクではさらに高い金利を適用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *