ファクタリング&ファクタリング

担保融資は低金利と長期返済のお得な融資

担保融資は多くの場合は不動産担保融資のことを言いますが、船舶や自動車などの乗り物、農業における牛などの畜産物、製造業の在庫や設備機器、株式や売掛金を担保に借り入れる場合も担保融資と言います。

担保を引き合いにするため融資を受けやすく、多額の資金を低金利の長期返済で借り入れられるのがメリットですが、万が一返済できなかった場合は担保にした物を手放さなければなりません。担保さえ引き合いに出せば高額融資が受けられるからといって無理な融資は禁物で、銀行なども担保にする物の審査を慎重に行うため融資までに時間がかかることもあり、バブル崩壊以降は土地の評価額が不安定なため、不動産を担保にする場合は特に審査が厳しくなりました。

自動車は普通の乗用車よりもトラックやタンクローリー、ミキサー車や冷凍車の方が審査に有利で、車種はもちろんですが走行距離や年式によって担保額が大きく変わります。製造業の機械器具や工具、工作物や生産設備を担保にするには、いったん工場抵当法に基づいて工場財団登記記録に所有権保存登記を行い、不動産として担保化するという仕組みのため、高額の融資を受けることが可能です。

株式や売掛金は融資額は控え目になりますが不動産や乗り物、畜産物や機器に比べて審査が通りやすく、売掛金はファクタリングの手数料よりも安価な金利で借りられる場合があります。無理な高額融資さえ希望しなければ、担保融資は低金利と長期返済のお得資金調達方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *