ファクタリング&ファクタリング

担保融資の中でも効果的な対象物はあります

個人でも法人でもお金を必要とする場面では、銀行に預けているお金だけでは不足してしまい、キャッシングなどを利用することを検討する方も存在しています。

現行としてはキャッシングは年収の3分の1まで、銀行のカードローンは限度額は高めになりますが、審査基準がやや厳しめな部分と返済条件が合わないという事例もあります。手堅くお金を作る方法の中には担保融資という方法も用意されているので、該当する方は事前に詳細事項を把握しておくと便利です。担保融資はいくつもの対象物になるものがあり、当然ながら価値ある物に限定しています。

少額であれば高級腕時計を質屋に預けるという方法もありますが、沢山のまとまったお金を求めている場合、小物類は現実的ではありません。担保融資で最も効果的な対象物は不動産を上げることができます。不動産の場合は坪数や建物、相場価格によって大きく差が生じることになりますが、一軒家から自社ビルまで幅広い物件に対応していることが特徴です。

限度額はキャッシングやカードローンと比較しても、かなりの高額に対応していて、1億円を限度額にしている会社などを探すことができます。勿論、担保融資はあくまで返済をすることが目的になるので、利用する際には返済のシミュレーションを行うことは大前提です。この返済についても担保融資では魅力があります。通常では5年払いや10年払いなどで既に長期返済になることが多いのですが、この方法では20年払いなどかなりの長期返済にも対応していることも大きな特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *