ファクタリング&ファクタリング

担保融資を利用する際に出来る担保とは

金融機関から融資を受けようとする場合、担保融資と無担保融資の2種類があります。

無担保融資は文字通り担保を必要としない融資のことで、保証人などの必要はありません。しかしその分融資限度額は高くは無く、最高でも100万円ほどに設定している金融機関が多く、キャッシングやカードローンがこれにあたります。一方担保融資とは、担保を必要とするローンのことで、その担保にも様々な種類があり、もし支払いが滞ることがあれば、担保で返済を行うことになります。では担保にはどういった種類があるのでしょうか。一般的に一番利用されている担保と言えば、不動産が挙げられます。

不動産を所有している方であればどなたでも対象となり、これを担保にしたローンの場合、金利が低く設定されている、長期間の返済期間を設定できる、大きな金額の融資を受けることが出来るといったメリットがあります。また不動産は価格も安定しており、換金性も高いため、金融機関としても取り扱いやすい担保だと言えます。さらに自動車を担保にすることも可能な金融機関があります。自動車の査定金額を依頼し、その上限までの融資を受けることが出来ます。

金融機関の場合は、トラックやトレーラーのような商用車を対象とするところがほとんどですが、消費者金融といった貸金業者では自家用車も対象になるところがあります。その他に、銀行の預金、株券・国内債券といった有価証券、年金や企業が抱えている商品の在庫なども担保に出来ることがあります。これらは、金融機関によっては利用する目的が限られていることもありますし、在庫を担保にする場合は審査時間がかかることもあるので、その点を注意して申し込みされると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *