ファクタリング&ファクタリング

担保融資で使われる担保の種類

お金を借りるということは将来的に返済しなければなりません。

このためお金を貸す側としてはその人物または組織が返済してくれるだけの信用力があるか審査します。さらにリスクが高いような場合には担保をとって融資が行われます。担保とは貸したお金を返済することができなくなった場合に、それを使う権利を行使して弁済するというものです。近年は無担保の融資も多いですが、大きなお金を借りる場合にはたいていは担保融資となります。担保融資に使われる担保として有名なのは不動産です。

特に住宅ローンにおいては、その土地・建物が担保となるため、低い金利で借りることが可能です。このほかに使われるのは売掛金や在庫などで、特に売掛債権担保融資は事業者が資金繰りのために使われます。在庫に関しては、現在は物あまりの時代ですから価値としては低く扱われます。一般的に担保融資の担保で使われるのは不動産と売掛金ですが、このほかにも株式、国債や公社債、預金なども担保として扱われるものです。

銀行の預金では定期預金口座と連動させることで、定期預金を解約することなく口座の残高が不足すると自動的に融資が行われるサービスがありますが、これも担保融資の一種といえます。いずれにしても担保をとった上で融資が行われるので本人の信用力よりも大きい金額を借り入れることができるのが魅力で、また担保を没収して弁済に充てることができるので無担保のローン商品よりも低金利でお金を借りることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *