ファクタリング&ファクタリング

不動産担保融資のメリットについて

不動産担保融資は融資のさいに連帯保証人が求められないことが、少なくありません。

金融機関は、万が一借主が借りたお金を返済できなくなったとき、担保にとった不動産を売却したお金から回収することができます。返済がとどこおると、連帯保証人は金融機関から保証義務を履行してくださいと、請求されます。そのため、連帯保証人になって貰う人は探しにくいです。親族や古い付き合いがある友人だとしても、断られることがあります。また、融資までの時間がはやいことが期待できます。

不動産担保融資のさいの、審査の流れは各金融機関がマニュアル化しています。市場価値から、担保物の価値を把握することも容易です。連帯保証人を探す場合、探せたとしてもスムーズに見つかるとは限りません。お願いできる人が見つかるまで、半年以上かかると言うこともあります。急ぎでお金が必要な場合にこの融資のはやさは重要になってきます。返すお金が少なくなることがあります。

不動産担保融資のさい、お金を返す方法の一つに任意売却があります。任意売却後、金融機関がなんらかな理由により債権を債権回収会社に売却することは珍しいことではないです。その場合、本来の債権額より安く売却されることがあります。そのとき、債権回収会社が迅速にお金を回収するために、債務額を減らしてくれることも少なくありません。月に返す返済額も、債務者の経済状況などを考量して、少なくしてくれることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *