ファクタリング&ファクタリング

ファクタリング業者は比較して選ぶ必要があります

一般的なファクタリングには業者と企業の2社間で行うものと、売掛先を含む3社間で行うものがあります。

その他にも売掛債権の売買ではなく保証を行うものや、医療機関の診療報酬を売買するサービスなどが存在します。ファクタリング業者によって扱っているサービスの内容や手数料に違いがあるので、比較しながら最適なものを選ぶ必要があります。2社間取引と3社間取引の手数料相場は、前者が10%から40%であるのに対して後者が5%から10%です。両者を比較すると3社間取引の方が安い手数料で利用することができます。

業者の中には2社間取引のみ行っている場合や、3社間取引のみを行っている場合があります。前者は企業が顧客から売掛金の支払いを受けてさらに業者へ支払います。後者の場合は顧客が直接業者へ売掛金を支払うので、現金化後に企業が関与することは基本的にありません。両者を比較すると前者の方が業者にとってリスクが大きいため手数料も高額に設定されています。信頼できる大手業者では、2社間取引や3社間取引など様々なサービスを利用することができます。

初心者がファクタリングを行う場合には、まず実績のある大手業者を選ぶのがおすすめです。それ以外の業者にも優良なものがありますが、大手業者との取引に慣れたら新規に開拓するとよいでしょう。中には問題のある業者も存在するので、手数料だけでなく過去の実績や利用者の口コミなども参考にして比較検討することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *