ファクタリング&ファクタリング

ファクタリングの手数料を比較するポイントについて

ファクタリングを比較する際に大切なことは、実績がある会社を選ぶなど大切なポイントがいくつかあります。

同時に、手数料について確認することも極めて重要です。売掛債権を売却するわけですから、手数料の負担が増えてしまえば会社の経営に大きな負担が生じる可能性もあります。手数料負担をいかに減らすかが重要であることは言うまでもありません。一般的に、ファクタリング会社の手数料は最低の率が掲載されています。

近年では手数料2~3%とアピールしている会社も多く、利用者としてはたいへん魅力的にも思えます。しかし、この非常に低い手数料率は売掛先が公的機関や大手企業であることが多く、あるいは売掛先も巻き込む3社間ファクタリングを利用した場合であったり、売掛金の額が非常に大きい場合に適用される傾向が見られます。

こうした条件を満たしているのであれば、最低手数料をうたう会社を利用しても問題ないでしょう。それに対し、売掛先の会社が中小企業や個人事業主である場合、小口の融資、あるいはスピーディーな融資が可能な2社間ファクタリングを利用したいのであれば、最低手数料だけを比較してもあまり意味はありません。

それよりも、手数料の上限を比較することが重要となります。手数料の上限の調べ方ですが、ファクタリング会社の公式ホームページに掲載されている場合もあります。ただ、最低手数料とは異なり目立たないように掲載されていることが多いので、細かくチェックすべきです。掲載されていない場合は、電話やメールなどで直接問い合わせることが基本となります。一般的に、上限が10%程度であるならば良心的と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *