ファクタリング&ファクタリング

ファクタリングの種類を比較します

ファクタリングは、企業がクライアントに商品を納品した時点で発生する売掛債権を、ファクタリング会社に売却する事で本来は1月前後程掛かる報酬分を手早く入手する方法です。

この形式は、3社間ファクタリングと言います。ただ、他にも2社間ファクタリングと呼ばれるタイプの物もあります。両者を比較してみると、共通する点と違う点が見えて来ます。3社間のメリットは、早ければ即日でお金を入手出来る点にあります。ビジネスローンや銀行での融資等でしたら、審査は厳しい物になる物です。業績等から支払い能力が低いと判断されたら却下されてしまう事も珍しくありません。

ですが、これでしたらクライアントの信用が重要視されますので、審査が他の物よりもずっと緩くなります。手数料を差引かれてしまう等の点がありますが、それでも中小企業にはメリットの方が大きいです。これは2社間の場合でも共通となります。ですが、注意しなければならないデメリットもあります。それは会社が傾いているのではないかという疑惑をクライアントに持たれてしまうリスクがあるという事です。

3社間分類の物は実行前に、売掛先に譲渡を通知しなければならないというルールがあるのですが、日本では売掛債権を他に移すという事が一般的では無かった為、場合によっては経営が傾いて危ない会社なのではないかと疑惑を持たれてしまう事があります。これらの理由で導入に踏み切れない企業も少なくありません。ただ、比較してみると2社間の場合では、譲渡通知の必要がありません。

売掛先から入金があったら、売掛債権を買った会社にその分を支払う事になります。ただ、この方法の場合、ファクタリング会社の方に一定のリスクが出て来ます。商品納入業者が入金があったお金を他の事に使ったり、支払い前に倒産してしまう事がある為手数料が高く設定されています。これらの条件を、比較して導入を検討する事が最重要ポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *