ファクタリング&ファクタリング

どんな状況にどのファクタリングがおすすめ?

一言でファクタリングとはいっても、それには様々な種類があります。

状況に応じて適したものを使う事が、ビジネスを成功させる第一歩であると言っても過言ではありません。まず、ファクタリングを利用したことを他に知られたくないという時におすすめの方法です。これには2社間タイプが適しています。2社間の契約の物は、ファクタリング会社と資金調達をしたい会社との2社間で資金調達をするものです。このタイプであれば社外にこの事実を知られませんし、借入ではないため信用情報にも傷が付くことはありません。

手数料を節約して、少しでも多くの資金を調達したい時には3社間タイプのものがおすすめです。ここで言う3社間とは、ファクタリング会社と資金調達をしたい会社、そしてその会社の取引先となります。この方法は取引先にこの事実を知られてしまいますが、売掛債権の回収が確実になることから手数料は安く抑えられます。医療機関などにおすすめなのが医療ファクタリングと呼ばれる方法です。

通常の会社が売掛債権を担保にするのと同様に、診療報酬を担保にして資金を調達するのがこの方法になります。診療報酬タイプ以外にも、介護報酬タイプや調剤報酬タイプなど、様々な医療に関する期間に対応しているという事も医療機関にとっては心強い点と言えます。これらの方法のメリットは、通常の物よりも信頼性が高く、よりスムーズに資金が調達できるという点です。また、2社間のものなら債権を満額買取してくれる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *