ロダン+フィールズと聞いてアメリカ生まれの美容化粧品会社だとすぐに気づかれた方は、非常に高い美意識をお持ちの方でしょう。

1970年にアメリカ合衆国カリフォルニア州で設立されたロダン+フィールズは、基礎化粧品の開発販売を専門としている会社です。ロダン・オリビアとフィールズ・ナンシーという女性2名によって誕生した会社で、年代に関係なく女性に永遠の美を与えるという経営コンセプトを設立時から今日まで掲げています。世界で初めて誕生した基礎化粧品会社でもあり、日本だけでなく世界各国の女性から支持されているほどです。

ロダン+フィールズでは2000年初頭から自社製品の開発にips技術を取り入れたことで、各方面から注目される会社にもなりました。このips技術は日本の大学で生まれたものであり、あらゆる生命体が持つ幹細胞にアプローチして元来持ち合わせている再生能力を高める技術のことを指します。

もともとは現在の医学では治療できない難病を改善させるための医療技術でしたが、美容界でも注目されていた技術でいち早く製品開発に取り入れたのがロダン+フィールズです。ロダン+フィールズでは2015年にips技術で誕生した美容オイルを販売され、世界各国で累計約520万本もの数で売れた大ヒット商品になったほどです。この商品は加齢によるシミ・シワを軽減することが可能で、多くの女性の悩みであった年齢を重ねることの美の衰えを解消するアイテムになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *