若い頃は特に何もしなくても肌がきれいでふっくらしていますが、一定の年齢以上になると今までのスキンケアでは足りなくなってシミやシワが出てきたり、たるみが気になったりするので化粧品を見直す必要があります。肌の衰えを感じてきたらエイジングケア化粧品を使ってアンチエイジングを始めてみましょう。若者用の化粧品は肌にうるおいを与えたり、今の状態をキープすることを目的に作られていますが、エイジングケア化粧品は失われた弾力を取り戻したり細胞を活性化させたり、できてしまったシミや黒ずみを除去するなど肌を若返らせることに重点を置いています。使われている成分も、色素を取り除くための美白に有効なもの、縮小してしまった細胞をふっくらと元気にしてシワやたるみを治すためのもの、乾燥して輝きのないくすんだ肌の表面を整えて水分が逃げないようにするものなどいろいろな種類が配合されています。

エイジングケア化粧品は美白やリフティングなど一定の効果に特化して作られたものや、総合的なスキンケアに有効なもの、化粧水からクリーム、美容液までシリーズで使うと効果があるものなどたくさんの種類があり、肌のタイプによって乾燥肌、混合肌、敏感肌など使い分けることができます。アンチエイジングは中年以降になってからでじゅうぶんだと考えている人がほとんどですが、実際には20代後半くらいから始めるのが有効で、早めに行えば美しい肌を長くキープすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *